ラクトゲン受容体って何?増やし方はあるの?

ラクトゲン受容体

 

ラクトゲン受容体って知っていますか?
ラクトゲン受容体は乳腺の中に存在する成長ホルモンのレセプターです。

 

「レセプターって何?」と思う方も多いと思いますが、簡単に言うと、成長ホルモンの受け皿のことです。

 

成長ホルモンが肝臓などで分泌され、それが乳腺まで届き、ラクトゲン受容体と結びつくと、成長ホルモンが効果を発揮することができます。

 

☆女の子はラクトゲン受容体のおかげでバストアップする!

 

12〜18歳の成長期になると、女の子の身体の中で、成長ホルモンの分泌が盛んになります。

 

そして成長期の後半がMAXだとすると、20代中盤では50%、30代になると25%という風に急激に分泌量が減少していきます。

 

ラクトゲン受容体が乳腺の中に存在している状態で、成長期を迎えて、成長ホルモンとラクトゲン受容体がたくさん結びつくことで、バストが自然と大きくなるのです。

 

☆成長期にバストアップしなかった原因はラクトゲン受容体!

 

「私のバスト小さいんだけど…」

 

という人も中にはいると思います。

 

そういう方は残念ながら、成長期という成長ホルモンの分泌が最も活発な時期に、乳腺の中にラクトゲン受容体があまり多くなかったという可能性が高いです。

 

実はラクトゲン受容体が分泌する時期は個人差があります。

 

それは10〜30歳とかなり幅広いものになります。

 

10代からラクトゲン受容体が分泌されていた人と、20代からラクトゲン受容体が分泌されていた人では、バストが受け取る成長ホルモンの量にかなり違いがあり、バストのサイズにかなりの開きが出てしまうのです。

 

「じゃあ諦めるしかない?」

 

と諦める必要はありません。

 

☆大人になってからもバストアップできる!

 

先ほど言ったようにラクトゲン受容体は、10〜30歳の間に分泌されるので、10代で分泌されなくても、20代で分泌、30代で分泌される可能性があります。

 

そのため、成長期にバストが大きくならなかったからと言って、あきらめてしまうのは早いのです。

 

大人になって、ラクトゲン受容体が分泌されている状態で、バストアップをして、成長ホルモンとラクトゲン受容体がたくさん結び付けられるようにすれば、大人になってからでもバストを大きくすることができるのです。

 

☆ラクトゲン受容体の増やし方てあるの?

 

ラクトゲン受容体がバストアップ効果に深く関係しているということは証明されているのですが、まだまだ研究中のため、

 

「こうすれば確実にラクトゲン受容体を増やせる!」

 

という方法はありません。

 

ただ、ギャバやアミノ酸、L-アルギニン、L-オルニチンを摂取することで、ラクトゲン受容体と成長ホルモンの両方の活動を活性化することができると言われているので、ぜひ試してみると良いと思います。

 

ピンキープラスでがんになるのか口コミ

 

これらの成分を効率よく摂取するには、サプリメントを使うと良いと思います。
それぞれの成分を濃縮しているサプリメントが販売されています。

 

そのため、サプリを使うことで、手間をかけずに効率よく摂取することが出来るのでお勧めです。

 

☆成長ホルモンによるバストアップは小さくならない?

 

子どもの時にバストアップした女性のバストはよっぽどのことが無い限りは小さくなりません。

 

これは成長ホルモンの効果でバストアップしたときに胸が小さくなりにくいという証拠です。

 

そのため、子どもの時にバストが育たなかったからといって、あきらめないでラクトゲン受容体と成長ホルモンの効果でバストアップしていきましょう。

 

☆ラクトゲン受容体が分泌されているか調べられる?

 

ラクトゲン受容体自体研究中のため、科学的にバスト内に存在しているのか調べることができません。

 

ラクトゲン受容体が分泌されているか調べるには、

 

「成長ホルモンによるバストアップ方法を試してみる」

 

というのが有効になります。

 

成長ホルモンを増やしてバストアップすれば、ラクトゲン受容体が存在するということになります。

 

今はこれ以外に方法がないです。
ただ、バストアップにラクトゲン受容体と成長ホルモンの効果を利用することはかなり効果的な方法だと言えるので、ぜひこの成長ホルモンを増やす方法を試してみてください。